正解や幸せを見出すためには?(仕事編)

こんにちは。Mogです♪   やりたいことやって、なりたいものになってきたのに、やっぱり人生は選択したものが自分にとっての正解とは限らないということを痛感している。   私は結構、嫌なことも自己暗示掛けて慣れさせる癖がある。人も物も事柄も「まずは、自分から近づいていって、好きになってみよう」って思うようにしている。口に出せば嘘が真になることもある。   ただ最近は、嘘を真にするだけの気力がないのか、遂げられないことはないとは思うのだが(甘いのかなぁ)、「生活するため」だけに仕事というのが出来ない自分がいることに気がついた。  

仕事内容に不満があるという訳では無い。(一部、とても苦手なものがあるのですが…|ω・`))基本は、やっている時は楽しい。パソコンを使う仕事は嫌いじゃない。ワイヤーフレームや指示書を作るのは好きだ。(クオリティは別にして)形になると絵と同じで、嬉しくなる。ワイヤーフレームを元にデザイナーやコーダーが完成させてくれる過程も面白い。   では、何故こんなにも…モヤモヤするのか。      

比較した瞬間からモヤっとする

誰かと比較する。 何かと比較する。 比べたら、自分にとっての「その時の」善し悪しが表れる。そして、自分が選んだ方は、悪しと感じて、モヤモヤするのかもと仮説を立てた。

比較をすると、嫉妬が生まれる。嫉妬をすると自分の範囲のもの以外は、羨ましい対象となる。「隣の芝生は青い」まさにこれ。 自分の環境が恵まれていることに目を向けなさいと言われたことがあるけれど、こうなっている時は、目が向けられない。他人の苦労話とかを聞いた時に、自分の立場と比較して「良し」だったら、私は恵まれていると感じるのだろう。 なんて、天邪鬼なんだ…。

 

お金や時間のように有限のものが絡むとモヤっとする

ここ1、2年くらいの口癖が「お金が欲しい。時間が欲しい。」だ。20代後半の時は、時間は欲しかったがお金の執着はほとんど無かった。(だから、ブラック企業で働き続けられたんだろう)

ネットビジネスの謳い文句で「お金からも時間からも解放されて、ハッピー!」みたいなニュアンスのものを良く見ます。(ちょっと違う?)苦労もなく両方を手に入れられるなんて、微塵も思っていませんが、教材を買ったり、オンライン講座に申し込んだりしたこともありました。 次こそは!次こそは!!って、成功した試しも、続けられる気力すらもなく、挫折だらけで終いには、借金…みたいなこともありました。   何だかんだいって、サラリーマンとして働いている方が割にあっているのかな…と半ば諦めのように。 このビジネスが出来る人は、ごく限られた人達で特別なんだ…と。 (そう書くと、やたらDMとかでお誘いのご連絡を頂きますw)   そういった人達と勝手に比べ(やっぱり比較してしまう)、同じ時代に生まれて生活しているのに、先に知って、「行動し続けている人」が得られているのかな…と。

結局のところ。ここで進むか止まるか、変えるか「選択」するのは自分自身という事実。 その事実に、目を背けると途端にモヤモヤが始まる。      

そもそも正解って・・・。幸せって・・・。何だろう。

今日のブログの冒頭に

「やっぱり人生は選択したものが自分にとっての正解とは限らないということを痛感している。」

と書いたけれど、正解とはなんだろう。   選択したことで、得たものと得られなかったもの。比べたらキリがないけれど、人生のブラッシュアップをして、軌道修正を行う為の「比較」であればしてもいいのかな。   正解も不正解も分からないし、分からないから不安になるんだけれども。 正解って思えばいいんだ!って、昔のように思えることの方が幸せなのか。   幸せって何なのか。 考え方と行動で、自分にとっての良い方にも悪い方にも転がるのかな。   人生80年のまだ半分にも満たないけれど、いつ終わるのかも分からないけれど、同じ11/21の20:39を過ごす上で少しでも楽しさを感じれたらいいのかな。って、お店からご馳走になったシャンパンを飲みながら思ったのでした。  

そんな時に読みたくなる本

 

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない 千田琢哉(著)
あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 千田琢哉(著)

終♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)