タロット占いが苦手なこと・得意なこと

もっとぐっと寄り添ったタロット占いをモットーに活動しているMogです(^^)
タロット占いで人様の鑑定をさせて頂いてから、早一年くらい経つのですが、最近、タロットって怖いので、占ってもらいたいけど、変な質問しちゃダメですよね…と言われます。
私の回答は、「そんなことないですよ!!」です。
恋愛しか占えない訳でもないし、仕事のことしか占えない訳でもないし、何なら、今日の晩御飯をお米かパスタで迷ってるけれど、どちらを食べた方が良いか…を占うことも可能です(笑)

何でも占えるけど不得手もある

実は、時期を占うのはちょっと不得意です。
いつ頃、結婚できそうですか?とか、いつ頃、就職できそうですか?とか…占うことは出来ますが、正確なココ!っていう時期を占うのは難しいです。
ふわっと、春くらいとか、10月頃とか、今から3ヶ月くらい…などは読めますが、6/14です!とか、8/10 14:35です!とかは難しいです。
そして、この時期というのが「現在の状況から見た未来」を見るので、変わります。良くいえば、自分自身で未来はいくらでも変えることが出来ます!!
そう考えると、タロット占い鑑定結果を見て、ガッカリするのではなく、前向きになれますよね!!( ・ᴗ・ )☆。.:*・゜
なので、時期を見てもらう時は、「現在」の部分に着目をして、「今のままだとみ、どんな未来を辿るのか」を受け止めると良いですね!

タロット占いは何が得意なのか

時期は不得手…じゃあ、何が得意なのかというと「状況」や「潜在意識」を見るのが実は得意なのです!状況と言うのは、現在や過去や未来の自分自身の状況ですね。どんな風になるのか…または、どんな風だったのか…。そして、潜在意識と言うのは、自分自身が意識していない部分の気持ちや考えのことです。意識している部分のことを顕在意識と言います。この顕在意識は意識の中の10%程度しか占めていないらしく、意識の中の90%が潜在意識なんですって!
その潜在意識を読み取るツールとなるのが、タロットカードなんです!!( ˘ᵕ˘ )☆。.:*・゜不思議ですよね。タロティストをやっている私も不思議な気持ちになります。何故、潜在意識が読み取れるのか…を書くと長くなるので、また別の機会に( ˘ᵕ˘ )

どんな時にタロット占いが有効か

タロット占いは、様々なスプレッドと言われる展開方法で占います。占う内容によって、または、占いによって導き出したことによって適切なスプレッドを選択します。カードを配置する場所には、意味があり、<現在の状況>だったり<近い未来>だったり、<最終結果>だったり、<アドバイスカード>だったりします。その場所に置かれたカードがどのような意味になるのかをキーワードやイメージなどを用いて読み解いていく・・・と言うのが、タロット占いの大まかな流れです。
 
占いたい事柄に対して、自分の中でAがいいのか、Bが良いのかどちらが良いか決められない!と言うときは、「二者択一・スプレッド」
それがCまであるときは、「スリーロッツ・スプレッド」
Dまであるときは、「クロスロード・スプレッド」
12ヶ月を占いたいときは、「ホロスコープ・スプレッド」
半年のときは、「ハーフ・ホロスコープ・スプレッド」
運命の相手がいつ現れるのかを見るときは、「トリプルクロス・スプレッド」
問題に対して解決のヒントを得たいときは、「ピラミッド・スプレッド」
結構万能でいろいろ占えるのは、「ケルト十字・スプレッド」「ヘキサグラム・スプレッド」
相性を見たいときは、「ラバーズブリッジ・スプレッド」
・・・と結構、色々あるんです。スプレッド(^^)
なので、「気持ちを整理したいとき」や「問題解決のヒントを知りたいとき」や「自分の気持ちと向き合うとき」にとても有効だと思います!

そして、禁止事項もある

術者によっては、何でも占えます!と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は「禁止事項」を設けています。禁止事項というと重たいですが・・・私自身が占えないというか、「占いたく無いこと」があります。
・過去を占うこと(前世も含む)
・他人を占うこと
・不幸なことを占うこと
・病気や命に関わることを占うこと
・良い結果だけを求める行為
過去を占うこと(前世も含む)→これは、すでに起きてしまったことを占うことになるので占いません。スプレッドの中に<過去>という項目はありますが、<過去>メインで占いはいたしません。・・・というか、個人的に過去を振り返っても現状や未来は変わらないと思っているので占いません。
他人を占うこと→「AさんとB子さんは付き合ってますか?」とかそういったものです。もし、本人がAさんのことを好きなのであれば、「Aさんを振り向かせるために、<私は>どのような振る舞いや行動をしたら良いでしょうか?」といった質問の方が【自分主体】なので占う意味があります。他人を占って、自分はどう行動に移すのか、気持ちを持っていくのかの方が有意義に過ごせるでしょう。と言うわけで、他人のことは占いません。
不幸なことを占うこと→こんな依頼をされたことはないのですが、タロットカードは不幸せなことに使いたく無い!と言うのが理由です。
病気や命に関わることを占うこと→「この病気はいつ治りますか?」「いつまで生きられますか?」などです。病気だったら、専門機関に行ってプロの施しを受けてください。占っている場合では無いです。
良い結果だけを求める行為→私が、いままで占わせていただいたご依頼者様たちの中にはいなかったのですが、良い結果しか受け止めない・・・という感じですね。悪い結果が出たら、文句を言ったり、もう一度同じことを占わせたり・・・と言うのがあるみたいです。自身にとって、悪かった場合は「それがわかった上で、これからどうしたら良いか」を術者に聞くと良いですね!アドバイスカードを出してくれたり、再度、解決方法を占ってもらったりと方法はあります。その代わり、【今の状態から出た未来や最終結果を受け止める】ということをしないと、アドバイスも解決方法の占いも意味はなさないので、ご承知おきを!!

この記事を書いていて、鑑定結果の受け止め方のような内容も書いておきたいな〜と思いました!!タロット占いって、ほんと深い!なのに、寄り添ってくれる優しくて鋭いやつです。ほんと(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)