タロット占いは当たる・ハズレではない

こんにちは!Mogです。   幼少期から魔法使いやマジックやおまじないが好きだった私にとって、タロット占いとの出会いはごく自然でした。その日も本屋さんでおまじないの本を探していると、ふと綺麗だけど怪しげなパッケージの箱を見つけました。タロットカードとの出会いです。

タロットカードには意思がある

綺麗だけど怪しげなタロットカードを手に取り、怖くなった記憶があります。もちろんその時は、購入するお小遣いも、勇気もありませんでした。その後、「タロットカードには特別な力がある」と本か、親に言われたか、友に言われたかして、ずっと怖くて近づけませんでした。    

タロットカードは新しい視点をくれるツール

大人になって、タロットカードを手にし占いをしてみた結果、怖いというのは特に感じなくなり、質問内容に対して新しい視点をくれる素敵なツールであるということ。リーディングによって、新しい見方を示してくれる。想像の幅も広がり、そういう捉え方もあるのか!!と発見が出来るものということが分かりました。

 

占いは当たりハズレではない

前は、「よく当たる!」とか「ハズレなし」とかそういうワードで様々な占いを見ていました。あの占い師は、よく当たるとか…。あまり情報を与えなかったら、やっぱり当たらないな…とか。(意地悪いな私…) 占いをしてもらった共通点がある。当たりハズレを抜きにした時、とてもスッキリした気分になっていること、そして、占い師の方が親身になってお話を聞いてくれ助言くれること。 助言通りにしたことは殆どないし、占い通りになったこともないけれど、極々普通に、自分で日々の選択をして過ごしている。 あの時の占いで悪い結果だったから、今すごく不幸だというのもない。 あの時の占いで当時付き合っていた彼とゴールインすると言われたけれど、2年前に別れている。別れたことによって、私はより自由になれた。

タロット占いは、自分自身に新しい視点(見方)を与えてくれ、物事の考え方を広げてくれるものとして向き合うと良い。そうすれば、新しい可能性や道が広がるから。   そのツールを用いて、たくさんの人の悩みや質問を聞いて、相手の可能性や道を広げる役をしたいなと思う。   もっと気軽に、(リーディングは真剣に)タロット占いしていきたいです( ˊᵕˋ )

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)