距離感の話

こんにちは。久々に、またまた悶々と鬱々とした自分の中と外を行き来していました。

海を見ながら、考え事をまとめてたら、記事になりそうなものが、湧いてきたので、書いておこうと思います。

適切な距離感ってどのくらいか

私は他人との距離を見誤ることが良くあります。近づきすぎて、見なくて良いこと・聞かなくて良いこと・話さなくて良いこと・感じなくても良いこと・考えなくても良いこと…引っ括めて、自分の中に取り入れなくても良いことを取り入れようとしてしまいます。

最近は、他人との距離感を気をつけています。人は一人では生きられない…というのは、そうかもしれないし、そうではないかもしれません。私には、分からないけれど、距離感というのは必ず存在すると思っています。

仲の良い人と距離を置く。

そう聞くと、避けているようにも思われますが、避けている訳ではなく「程よい距離感を取り戻す」という感覚。
昔、お付き合いしていた人に距離を置こうと言われたことがあったことを思い出した。あの時は、「距離を置く」=「別れる前提」と思っていたので、その人とは距離を置くのではなく、扉を閉ざして幕を閉めました。距離を置くことで、何が解決されるのだろう…と当時の私は思ったのです。
本音を言えば、動物みたいに相手に対して干渉せず、自分が生きることを精一杯にして生きてみたいけれど、そんなに野性味溢れる生活や人生は難しい。特に私は。
(鳩のつがいが目の前を歩いているんですが、絶妙な距離感を保っている…)
この距離感は、人によってもちろん調整してます。すごく近い距離だからといって、長年仲良い友…というわけでもなく、好意を持っている…という訳でもなく。
「あ。近づきすぎて、面倒臭いと感じてしまうな…」と相手の思っていることを自分解釈して距離を取っています。もしくは、その逆も然り。本当に相手が私のことを面倒臭いと言っている訳ではなく…甘えすぎてしまったりすると距離を置くようにしています。

これって、裏返すと「嫌われたくない」って言うのがあるのかなって思います。

人間関係って自分と他人との距離感を上手に保つことだと思う

この半年くらい、自分とは何者で、何をしたくて、何のために生まれて…とアンパンマンの主題歌のような考えを巡らせては、正解がないのは重々承知で、本やネットでキーワードを見つけては、自分の正解を探しています。その場しのぎの正解と、似つかないものばかりに 遭遇しますが…。

タロット占いの鑑定も全く他人の人生に触れながら、自分の人生についても考えるキッカケになっていたりします。自分の中には存在しない価値観やキーワードやピースを見つけると、拒否反応やワクワクする反応など色々な反応が起こって目まぐるしいです。

占いのご依頼内容も「恋愛」「仕事」「転職」「家族」「将来」など大枠で捉えると一見バラバラの要素に見えますが、よくよく噛み砕いて見てみると皆さん、自分と誰かの関係を占って欲しいだったり、自分とあるものの関係を占って欲しいだったり(あるものも紐解くと誰かとの関係だったりする)結局、人間関係で悩んでいたり、不安に思っていたりする人が多いのかな・・・と。

今までの私の悩みも問題も大半が【人間関係】

なんだか、切っても切れない切り切れない、向き合わなければいけない人生の課題のように感じています。
なので、占いの勉強をしながらも人間関係の本を読んだりしています。対人関係とか・・・反応の本とか・・・。神教とか仏教とかキリスト教とかまで・・・。昔の人ですら、神という存在ですら、自分以外のもの(人だったり、神だったり、ものだったり色々)と衝突したり、苦悩したりしているのを知って、なんだかもうしょうがないものなのかもというところまでたどり着こうとしている。(あきらめではない)

これからも、悩んだり笑ったりしながら自分と向き合って、他人(自分以外のもの)との程よい距離感を保ってフラットに生きていきたいなと思ったのでした。

そして、もっと学びたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)