「嫌だ」と感じたらテリトリーに入れない主義

こんにちは。Mogです^^   今日は、2ヶ月に1回の打ち合わせの日。デザイナーさんとお客さんと次回の販促ツールについて、1.5時間ほど打ち合わせました。いろんな「え!?」と驚きコンテンツをやりたがるお客さんで、一緒に仕事をしていて楽しい人です。お客さん自身は「私は癖が強いから、仕事しずらいでしょ?ごめんね。でも、末長くよろしくね」と言われました。 私の方が、絶好調に癖もアクも強いけどなぁ・・・(苦笑)

人間は好きです。でも・・・。

人間は、面白くて好き。同じ名称のパーツで仕上がっているのに、全然見た目が違う。中身なんて、もっと違う。もっと言えば、外見だけでは「何者」かが分からない。分からないから、面白い。面白いから、好き。そんな感じです。 ただ、私のテリトリーに入って来たら、これまた別問題なワケです。  

過去「誰にでも好かれたかった」

以前(2年前くらい)の私は、【人に嫌われるのがイヤで、どんな人でもWelcom】でした。常に、笑顔で・楽しそうに・いい人を・演じて来ました。 そんな風に過ごしていたら、良い人が集まって、幸せに過ごせる気がしていたんです。当時の私は、信じてました。 ・・・が、しかし!!初めは良い人だったのに、化けの皮を剥いだらこんな人が集まっていたのでした。

  • 恋愛感情で勘違いを起こす人
  • 自分を引き立てるために扱う人
  • 態度も何もかも軽く扱う人
  • 騙す人
  • 蹴落とす人
  • 裏切る人

この人たちに、嫌われたくない一心で良い顔をしていたのです。 今思うと、何してたんだ・・・と当時の私に、活を入れたい・・・。  

現在「無理に好かれようと思わない」

むしろ、嫌いを出してくれた方が有難い。私に合わない人と付き合わずに済むし、楽だから。嫌いな人に好きになってもらう無駄なことも、一切しない。 なので、私もほぼ感覚で「嫌だ」と感じたら、全力で距離をおきます。私のテリトリーに土足で入って来ようものなら、威嚇します。周りが引くくらい「嫌だ」を態度でも、口でも、顔でも出します。 いきつけのBARで、 店員さん「Mogは、分かりやすいくらい嫌がるよね。大人としてどうかと思うけど・・・。」と言われた。 どう思われようと、過去経験したことを繰り返したくないし、信じていた人に裏切られたく無いから、自分を守るための方法でもあると思っているから、別にいい。 そう言うと・・・。 店員さん「まぁ、そういう態度を取っていたとしても、私たちはMogの良いところを知っているから良いんだけど。新しい人との繋がりを自分から切ってしまって、折角の良さが相手に分かってもらえなくて残念だなって、心配して・・・うんぬんかんぬん(よく覚えてない)なんだか、寂しいなぁ・・・」 ありがとうございます。 私は、私の好きな店員さんに「良いところを知っている」と言われた部分だけで満足です。お腹いっぱいです。幸せです。 私が「嫌だ」と感じた人に、良さを感じてもらわなくてもいいです。望んで無いし、繋がりたく無いし、絡むこともないから。   そんな考えって「寂しい」ですか??  

堀江さんも言ってた「付き合わない人間を明確にすることも必要だ」と!!

ホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」でも言っていた。

第一印象で「こいつは面倒くさい」「ややこしいタイプだな」と直感するが、そういった勘はだいたい当たっているものだ。 そういう「危険人物」と付き合うと、無駄に時間を奪われた挙句、不愉快な思いをすることになる。

  そう!そうなのよ!!【過去の私】がそうだった。 私の大好きな友人の中に、とても社交的で誰に対しても優しくて、誰からの評価も良い女性がいる。昨日も彼女に対して、「すごいね」と言っていたワケなのだけど・・・。 何がすごいって、自分の周りの人に対しての時間の掛け方と行動力と気力がすごいなって・・・。【過去の私】もそんな感じで人と接していたはずだけど、彼女のテリトリーはどんな感じなのか、俄然興味が湧いている。 今度、一緒に飲んだ時に聞いてみよう。   今、私のテリトリーには「好き」な人たちしかいない世界になっている。幸せなことだ。これからも、貫いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)