やってみないと何事も分からない・変わらない

こんにちは。Mogです。   多分、やれば出来ると思う。恐らく、やってやれないことは無い。けれど、その一歩を踏み出す勇気が足りないことがある。   何故、その一歩を踏み出せないのか…。依頼者の希望に答えられないかも。という、まだ見ぬ未来への不安を勝手にしているから。やってもダメかもと言うネガティブな感情が付きまとう。 ただ言えるのは、やった後悔よりやらなかった後悔の方が、心残りが募るということ。

人生は選択の繰り返し

先日、Twitterである演奏者さまが、印刷用のCDジャケットをIllustratorで作業を誰かやってくれないか?とツイートをしていた。私にとっては、iTunesで音楽も購入したほどの憧れの人である。   ツイートを見つけた時、「チャンス!」と言うよりも「私できるかも!役に立てるかも!?」という気持ちが先に出た。その後に湧いて出たのは、「私に出来るかなぁ…」という不安。プロに任せるのが1番だ。ただ、やってやれなくもない。全く出来ない訳では無い。   勇気を出して、コメントを残し…結果、作業をやらせていただくことが出来た!!(嬉しい!)データを触るのもドキドキだったけれど、仕事スイッチも入って、しっかり行うことが出来た。やって良かった!最初の勇気を振り絞って良かった!!そして、託してくれた演奏者さまに感謝をした。こういった少しでも、【役に立てた】という事実と経験は次に繋がる。   昔学んだ知識やスキル、今、仕事として行っていることが、仕事以外の部分で実を結ぶなんて思ってもみなかった。純粋に単純な嬉しい気持ちでいっぱいだ。   もし、勇気を出さずにいたならば、誰かがやっていたかもしれないが、後悔していたに違いない。

できるかどうか迷うよりも、飛び出した方が良いこともある

やってみないと分からないことは、沢山ある。やってみたいと思ったことは、自分の気持ちに正直になって、やって見ることが大切だ。いつでもストッパーを外して、走り出せる勇気を持とう!!!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)